ルートアドバイザー

        日本の美しい街道を探索➡➡                   

最近の投稿

(7-13)電車(気動車)旅にはどのきっぷを使うのがいいのか?

読者の皆様こんにちは。

管理人の冨岡です。

今回は、自分が使用したことのあるきっぷを紹

介していきます。

JR線は、正規きっぷをそのたびに買っていると

金額が張りますので、日帰り日程であればフリ

ー切符を使うのがお勧めです。それではいくつ

かご紹介していきます。

 

①青春18きっぷ

まあ、旅慣れた方であれば知ってるであろう

青春18きっぷです。

名前とは裏腹に年齢制限はありません。しか

も子供も大人も同運賃です。

きっぷの価格は12,050円(2019年冬季から)

です。1枚当たり2,410円は現在でも格安チケ

ットです。これで、日本全国のJR線普通・快

速列車にどこでも乗れます。

(新幹線・特急・急行は不可)

今のところ無敵

な切符です。

販売期間は今(2022年12月末)のところ、

・春 発売期間:2月20日~3月31日

使用期間:3月1日~4月10日

・夏 発売期間:7月1日~8月31日

使用期間:7月20日~9月10日

・冬 発売期間:12月1日~12月31日

使用期間:12月1日~1月10日

です。

詳細を知りたい方は、こちらこちらをご覧くださ

い。

(ウキベディアのページに飛びます。)

デメリットは、期間限定と5枚を使い切らなくて

はならないことですが、メリットが大きすぎて気

になりません。

 

次にご紹介するのが、

➁青空フリーパス(JR東海)

JR東海のお得なフリー切符です。

使用区間は上記の通りになっております。名古屋

駅を中心にかなり広範囲に及ぶフリー切符です。

範囲線内の普通・快速電車の他、特急券を買えば

新幹線以外の利用は可能になっているのが、18

きっぷと大きな違いです。

価格:2,620円(小1310円)(2022年12月末現在)

※伊勢鉄道線も別途運賃不要。

 

その他のフリーパスとして、

③休日乗り放題切符(JR東海・静岡地区)

価格:2720円(小1360円)(2022年12月末現在)

使用種別:普通・快速

※特急は特急券購入で乗車可(新幹線不可)

 

④休日おでかけパス(JR東日本・関東地区)

価格:2,720円(小1,360円)(2022年12月末現在)

使用種別:普通・快速

使用期間:土曜日、休日および、4月29日~5月5日、

7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日

※エリア内であれば、別途特急券を購入で新幹線

を含めて利用可能。

 

➄信州ワンデーパス(JR東日本・長野地区)

価格:2,680円(小1,050円)(2022年12月末現在)

使用種別:普通・快速

使用期間:通年

※エリア内であれば、別途特急券を購入すれば、

新幹線を含めて利用可能。

 

などのフリーチケットがあります。他にもありま

すが管理人の使用実績があるチケットは上記にな

ります。ただ、電車に乗っているだけでもいいの

でしょうが、このツールを使ってなかなか行けな

かったところにランや自転車でチャレンジするの

をお勧めいたします。

※注意としては、上記チケットはフリーエリア内

でしか買えません。但し、JR東海のチケットは

通し(2枚同時購入)で買うと他地区のフ

リーパスを買えた記憶があります。

※他社どうし例えばJR東海とJR東日本と言う

他社を通したのフリー券は同時に買えなかった

と記憶しており一旦エリア内で下車して買いま

した。

 

今回はここまでです。

質問はお気軽にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けておりません

お問い合わせはこちら

      ↑上記のアイコンをクリックするとメールソフトが自動で、立ち上がります。メールで、【お問合せ事項】をご記入の上ご送信願います。お気軽にご相談下さい。相談は完全無料です。

無料ルートレポート


↑上記アイコンをクリックすると自動でレポート請求フォームが立ち上がります。

無料ルートレポートをご希望の方は、こちらのフォームに必要事項をご記入の上送信ボタンを押して下さい。連絡を確認次第速やかにルートレポートを送付致します。

 
 <現在配布中のレポート>
なし。

カレンダー

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728