ルートアドバイザーズ

日本の美しい道をランと自転車で探索➡➡                   

検索の利用方法

検索の利用方法はこちらをタップ・クリックしてください興味のある記事や読者の皆様のコースレベルに合致する記事に素早くアクセスできます。

Twitter

フォロー

道路情報の確認

こちらの記事をご参照ください。

(7-60)JR飯田駅~JR伊那市駅までのランニング報告【ラン・40km級・525m・上級・R中・飯田線沿線ラン】

管理人の冨岡です。

読者の皆様こんにちは。

 

今回、方針転換しましてJR飯田駅~JR伊那市駅

を走るルートに変更しました。理由は、

18きっぷを使えるこの時期を逃すと次は夏しか

いけなくなるためそのようにしました。

 

また、今回は時間の都合もあり名古屋からJR飯田

駅までは、中央高速バスを利用して移動していま

す。後から、見てもらえば分かるのですが、南信

地方(下伊那・上伊那地方)は高速を使わないと

行きにくい所にあるわけです。

 

それにしても今の高速バスは凄いですね。コン

セント付き(名鉄バスの場合)かつWiFi完備と

ネット上の環境はかなり整っています。

 

2時間くらいかけてJR飯田駅に到着しました。

前置きはこれくらいにして、ランニングルート

を見てみましょう。

【取材日:2023年3月5日】

県道15号線(飯島飯田線)を北上。初めは伊那

街道を通るため比較的交通量の少ない道を行く

が、南信州フルーツラインと合流すると交通量

が非常に多くなります。クルマ大国長野県を実

感できます。他のルートを探したものの、谷川

が道を阻んでおり、結局このルートをたどるこ

とにしました。その後、飯島町より北は、伊那

中部広域農道を使って北上。その後、小黒川を

渡り、天竜川方面に下るとJR伊那市駅に到着す

るルートになります。

 

確かに、分かりやすいルートではあるのですが

前回ほどの空気の良さはないですが、コースの

左右には中央アルプス(木曽山脈)と南アルプ

ス(赤石山脈)が展開しており、街中なのに絶

景が広がる不思議な空間です。是非ご覧くださ

い。

 

先ほどのJR飯田駅を出発して、線路に沿って西

に進むとT字路になっているためそこを左に曲が

り(北上)すると県道15号線に合流します。

少し走ると右手にJR桜町駅があります。本当に

飯田線は駅の間隔が短くて、場所によっては地

下鉄並みです。線路を渡り、南伊那広域農道を

も横切り、そのまま道なりに真っすぐ進みます。

 

初めは、ただの市街地の道ですが、

 

ファミリーマートを越えた辺りから道が狭くな

り写真のような登坂が続きます。まあまあ角度

あります。因みに、このファミマを逃すとコン

ビニはかなり先までないので、トイレと補給食

が必要であれば立ち寄ったほうがいいです。

 

右手には、南アルプスを眺めつつ、アップダウン

のある道を進みます。傾向的には谷川を渡るとき

は大体傾斜が発生する感じでした。

ただ、1.5~2車線位の道が続くのですが交通量は

地元の自動車が抜け道として使用しているため、

常に自動車に気を配る必要があります。

ありがたいことに、南信のドライバーさんたちは

優しい運転をされる方が多かったです。

ありがたいことです。

 

今回はここまでです。

 

 

 

 

コメントは受け付けておりません

ブログの目標・目的について

コースのレベル定義について

当ブログコースレベルの定義は

こちらクリック・タップをしてご確認ください。

最近の投稿

カレンダー

2024年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お問い合わせはこちら

      ↑上記のアイコンをクリックするとメールソフトが自動で、立ち上がります。メールで、【お問合せ事項】をご記入の上ご送信願います。