ルートアドバイザーズ

日本の美しい道をランと自転車で探索➡➡                   

検索の利用方法

検索の利用方法はこちらをタップ・クリックしてください興味のある記事や読者の皆様のコールレベルに合致する記事に素早くアクセスできます。

道路情報の確認

こちらの記事をご参照ください。

ブログの目標・目的について

コースのレベル定義について

当ブログコースレベルの定義は

こちらクリック・タップをしてご確認ください。

Twitter・LINE

フォロー

友だち追加

最近の投稿

(7-77)JR敦賀駅~JR王子保駅までのランニング報告➂【ラン・40km級・184m・中級・R中・旧北陸線トンネル遺構ラン】

管理人の冨岡です。

読者の皆様こんにちは。

今回は、旧北陸線のルートで一番の難関トンネ

ルと言われた山中トンネルを紹介します。

 

山中トンネルは、1,170mで山中峠の真下を貫い

ています。前日雨が降っていたせいか地下水が

豊富で外は雨が降っていないのにトンネルの中

は地下水であふれていました。

 

個人的には、なかなか癒しの音だったので、録

音してTwitterにあげておきました(トンネル内

の雰囲気は伝わると思います)。

 

それでは、再度入口に戻ります。

入口は、トンネルの銘板もなく地図を見て、ト

ンネル名を確認しました。確かに山中トンネル

です。入口のレンガから生える葉っぱがいい味

を出しています。

 

トンネル内を進めば、進むほど地下水が多くな

ってきてトンネル内で雨が降っているような状

態になっていました。確かに前日は強い雨が降

っていたので、普段はここまでではないでしょ

う。このトンネルは、建設時の逓信大臣であっ

た黒田清隆(のちの第2代総理大臣)がトンネ

ルの出入り口に

「徳垂後裔」…トンネルの恩恵は後世まで引き

継がれるという意味

「功和干時」…トンネルの建設は時代の要請に

合致しているという意味。

の銘板が掲げられたそうです。

※本物は、長浜鉄道スクエアに保存。現地には

レプリカを設置しています。

 

そんな、当時の日本の要人から重きを置かれた

トンネルでしたが、この地下水の量を勘案する

と工事もなかなか大変であったことが予想され

ます。この気持ちを現在でも大切に引き継いで

いる滋賀県と福井県の人は凄いかもしれません

。でも、トンネルを出るときは上着は濡れて、

シューズもベトベトでした。

 

トンネルを出たところには、例のレプリカとよ

くこのルートを紹介するスイッチバックトンネ

ル付きのトンネル入り口がありました。

因みに左側のトンネルは途中で行き止まりです

。あしからず。

 

看板から当時の写真を切り抜いてきましたが、

スイッチバックの状況がありありと分かります

。今も昔も映像は重要ですね。

 

山中トンネルの出口で休憩をしてから、先に進

みます。このロックシェイドは今も現役ですが

元は鉄道用のモノを改修したものです。

この写真の左上に見えるロックシェイド

 

を拡大しましたが、これは貨物用のスイッチバ

ック線で使用されていたものの遺構です。

ここまで紹介してきた、トンネル群とロックシ

ェイドそのほかに水流施設は国の登録有形文化

に指定されています。

 

途中に見えたのが、北陸新幹線の新北陸トンネ

ルの作業抗の様です。担当は、資料によると、

熊谷組・不動テトラ・梅林組・轟組のJVとのこ

とでした。

 

更に、作業坑を下り、南今庄に向けて走ると旧

:大桐駅があります。看板には往年の写真も掲

載されており、当時のキハ80系特急電車等の

写真がありました。風景が一致していてなかな

かリアルでした。

 

こちらには、蒸気機関車の車輪や当時の信号機

なんかも展示されていました。

 

鉄道橋も道として整備されていて今でも大事に

使用されていました。

 

しばらく走ると、南今庄駅に到着しました。近

くにトイレもあります。ちょうどサンダーバー

ドが来たため鉄道写真にもチャレンジしてみま

した。バランスはこんなもんか?

 

今回は、ここまで。

次回は、ゴールの王子保(おおしお)駅までの

記事を書きます。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けておりません

お問い合わせはこちら

      ↑上記のアイコンをクリックするとメールソフトが自動で、立ち上がります。メールで、【お問合せ事項】をご記入の上ご送信願います。お気軽にご相談下さい。相談は完全無料です。

カレンダー

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031