読者と共に、真実の投資を真摯に探究するブログ      

初心者の皆様が【FX】【仮想通貨】を始めるにあたり、必要な知識やマインドについて分かりやすく解説します。皆様の悩み一緒に考え、一緒に経済的自由を目指します!

最近の投稿

ASECコイン 2020年2月GPP説明会➀(6‐30)

   2020年02月18日 暗号通貨, 未分類

冨岡です。こんばんは。

 

本日は、説明会の一部をご報告いたします。

2月21日㈮にAPPからレポートが出る予定ですが、それまでは一部書け

ない部分があるのでそちらは期日以降に書きます。

 

ASECコインは、有償購入のコインもロックアップがかかっています。

この部分は、植田社長のライブ配信にてすでに言われているのでまと

めると:

 

<ロックアップの概要>

無償保有分のコイン 2020年10月末に解除

有償保有分のコイン 毎月末に5%ずつ解除

2020年2月末の解除率 20%

ロックアップ期間中は配当が出ることが決まっている。

(プレセールの購入者のみ。)

 

<ASEC医療事業について>

ASECフロンティアの事業遅れと投資家に対する説明不足の責任を

取り前CEOのバシン氏は退任済。

 

現CEOは、タパナ先生に戻り体制を立て直す。

そして組織を立て直したあと現在医療事業推進のためタパナ先生

が精力的に活動をされている。

 

ASECコインに限らず生き残っているコイン(トークン)は、実業

が必ず伴っている。タパナ先生は、ASECプロジェクトに実業を早

く立ち上げるために活動をされている。

 

ASECプロジェクトは、暗号通貨・ブロックチェーンのプロジェクト

ではなく貧困問題解決プロジェクトである。

 

貧困を解決するためのっキーワードは、

教育・医療・人権

であるが、解決するためには様々なビジネスが必要となる。

 

ASECフロンティア側としては、様々なビジネスを並行して行う

のではなく、

医療事業をコアビジネスとして立ち上げ全精力をそこに傾ける

とのこと。

 

タイという国は、人口やGDPは右肩上がり

タイのバーツ(通貨)の価値も上がっている。

 

最近タイでは、世界の富裕層を集めて医療ツアーを行っており

約300人ほどが参加している。

 

なぜそんなことが起きているかといえば

タイの都市部の医療機関のレベルは非常に高い。それは、タイ

の医学部の学生さん(現役の医師も)は、世界中の大学病院で

修行しライセンスを取得して自国の医療レベルを上げること

に貢献している。

 

東南アジアでは、タイが一番医療技術が高く医療保険が全国民

を担保している。

 

少し話がずれるが、日本の平均年齢が高く、東南アジアの国々

の平均年齢が低い原因というのは医療技術が低いため長生きを

するのが難しいことがある。

 

バンコクは、知る人ぞ知る先進国に引けを取らない医療水準を

持つ。現在タイの病院は都市部ばかりが栄えて農村部は取り残

されている。

 

ASECプロジェクトは、その格差を解消を目指す。

なぜなら

<都市部の病院>というのは…

➀先進国と同様

➁富裕層向け

➂先進国の医療進出が目覚ましい。(日系の病院もある。)

➃最先端の医薬品・医療機器が導入されている。

 

<農村部の病院>というのは

➀そもそも病院数が少ない。

➁病院まで通うことができない。

➂診療所を頼るしかない。

➃医療環境が悪い。

➄医療従事者のレベルが低い

➅医療情報の共有ができていない。

 

そのためにどうするか?

今日は、ここまでにします。

コメントは受け付けておりません

お問い合わせはこちら

 ↑上記のアイコンをクリックするとメールソフトが自動で、 立ち上がります。メールで、【お問合せ事項】をご記入の上ご送信願います。    ブログ上の記事の詳細を知りたい方や投資商材で絶対失敗したくない方は、お気軽にご相談下さい。相談は完全無料です。 ご連絡いただいた方には、ブログ上に書くことのできない内容も特別に案内させていただきたいと考えています。

無料レポート


↑上記アイコンをクリックすると自動でレポート請求フォームが立ち上がります。

無料レポートをご希望の方は、こちらのフォームに必要事項をご記入の上送信ボタンを押して下さい。連絡を確認次第速やかにレポートを送付致します。

 
 <現在配布中のレポート>
初めてのバイナリーオプション
(11ページ)

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930